近親相姦 夏休みに弟とセックス


■この夏休みに入ったばかりの今、弟とSEXをしてしまいました

私は現在高校二年、女子高に通っています

この夏休みに入ったばかりの今、弟とSEXをしてしまいました
これは合意の上だと思ってますし、後悔もありません
ではなぜそうなったのか少し時間をさかのぼります

まだエアコン入れようかどうか迷う6月の末頃です。異変に気が付いたのは
私は普段寝るときはパジャマですが夏場は大きなTシャツとパンツのみ
夜中に寝苦しさに目が覚めました。薄明かり部屋に月の明かりが窓に映っています
胸があらわになるほどめくりあげて寝ていたのかほとんどパンツいっちょう
寝汗ぐっしょりかいて、パンツまで湿って気持ち悪いのでシャワーを浴びたかったけど
着替えのみで我慢。そしてエアコンを入れその日はまた眠りました

次の日の夜中、何か違和感を感じて目が覚めました
誰かが私の胸を触っているような。ぼんやりとした頭で夢?
そんな感じでしたから声は出しませんでした。(たぶん)
けど確かに触られてるってだんだんと意識がはっきりしてきました
正直怖かったのが先で、やはり声は出せませんでした
ゆっくり目を開けるとそこにいたのは二つ下の弟です
安心したのと同時になぜ?って思いました

私の弟は中学三年生、部活も終わり受験をひかえ勉強を本格的に始めました
我が家では私より弟が大事にされています。真面目でいつも頑張る
文武両道ではありませんがしっかり部活もやり、勉強も進学校いけるくらい賢い
私もダメな姉ながらそんな弟が羨ましくもあり自慢でもありました
だから仲は良かったです。一緒に買い物行ったり、映画も観ます
弟もなついてくれてたし、勉強教えたりしてました(一応高校生)


私は中学三年生のときに初体験を済ませました。相手は同じクラスの優等生
イケメンまではいきませんが勉強聞いたりしたら優しく教えてくれる
それでなんとなく付き合い始めて彼の部屋へテスト勉強に行った時に迫られて
まあいっか、て感じで経験しました。お互い初めて、痛かった
その後も卒業までそんな関係してましたが、彼は有名進学校に行くため
この街を離れました。帰ってくるたびに電話かかってきて呼び出され
ただ彼の部屋でやる。そんなのってやっぱり虚しいですよね
だから呼び出されても行かないようになり、そのまま連絡もなくなりました

真面目で明るい弟がなぜ?それが先にうかびました
ここで声上げたりしたら彼を傷つける、そう思ってしまいました
じっと寝たフリを続けている私に弟はゆっくりとシャツをめくっていきます
胸がはだけました。ゆっくりと触ってくる弟、私は乳首が硬くなるのを自覚します
起こさないように伸張にしているのか弟の手が震えています
そして乳首に生暖かい舐められている感触がしてきました
そしてゴソゴソと何かをさする音。あーシコってるのか・・・
パンツに手が移ってきました。初めはパンツの上からゆっくりと
なでるようにしています。その間もシャカシャカと擦る音はやみません
そうして今度は手がパンツに入ってきました。ゆっくりと毛をワサワサとなで
更に進んできます。指が私のクリにあたる。思わずビクッと体が動いた

弟の手がサッとパンツから抜け、息を潜めています。
私はこれ以上はもう・・そう思って寝返りうちました
弟に背を向け、早く出て行きなさいと願いながら
弟はゆっくりとドアを開け出て行ってくれました
でもこの感触はなに?もんもんとした気分が自然と私をオナニーに導く
彼と別れてから一年以上誰ともしたことがありませんがオナニーは増えた
気持ちがいいとまでは感じれれなかった彼とのSEXは
今は別の形で私を悩ませてくれます。

朝を迎えてシャワーを浴びにいく、全身がぐっしょりとした感じで
気持ち悪かった。晩の事を思い出す。自然に手がクリにのびる
時間が無い。学校の準備がある。中途半端な気分で浴室を出る

ダイニングには家族みんながそろってる。おはようとお母さんが
挨拶してくる。弟も同じようにいつものようにおはようと言ってきた
私もいつものようにオハヨーって応える。父は新聞読みながらパンを食べてる
いつもと変わらない家族の朝。私の心の中だけがいつもじゃなかった

学校に行っても昨日のことが嫌でも思い出されます
授業中もうわの空、かろうじて休み時間の友達との会話が現実に引き戻してくれる
私はいろいろ考えた。弟がなぜ?いつから?これからどうしよう
優しい弟、真面目な弟、期待されてる弟、明るく元気な弟・・・・・
どう考えても言えない。母にも父にも、もちろん本人にも
私が言えばたぶん壊れる。比較的恵まれた環境が壊れる
家族はみな仲がいい。私は世間でよく聞く家庭内の問題とは無縁だった

家に帰ったら弟は塾へ行って留守。母がお帰りといつものように迎えてくれた。
部屋着に着替え部屋にこもる。まだ考えがまとまらない
そうしている内に時間だけが過ぎていく。遅めの夕食をみんなで食べる
弟が塾へ行きだしてから自然と弟に合わせて遅くなってきたのだ
以前は父のみ遅いから三人で食べていた。弟の帰りの時間が遅くなり
自然と四人で食べるようになった。健全な家族だと思っていた

お風呂へ入り部屋に戻る。勉強も手が付かない
寝るのが怖い。また来るのだろうかと思うと
十時時過ぎくらいにいつもベッドに入る。眠いのだ
昔から夜は眠くなり、これでも遅くなった方
でも今日は眠れない。薄明かりだけの部屋、ジメッとした部屋の温度が
気になりエアコンをつけるか迷う。そうしている内に真夜中になった

部屋のドアがゆっくりと開く。弟がまたやってきたのだろうか
薄目で様子をさぐる。やっぱり弟だ。ゆっくりとドアを閉め近寄ってきた
私は何も出来なかった。いつもの家庭が壊れるのが怖かった
だから寝たフリするしかなかった。

今日はパジャマを着ていた。せめてもの抵抗のつもりかもしれない
でも弟はゆっくりとボタンを外してくる。上から一つ二つ、三つ目が外され
パジャマの前がはだけてくる。胸がさらされる。
そして弟の手がゆっくりとなでてくる
弟の口が乳首を軽くつまむように咥えてきた。弟は自分のパジャマの下をずらす
彼の片手がおちんちんをしごく。鼻息が胸にかかる
薄目の私からぼんやりと見える異常な風景。弟が私の胸をしゃぶっている
でも何も出来ない私。目をつぶった。もう考えるのはやめよう
そう思って弟のなすがままになってやろうと思った

手が下にのびて来た。パジャマをそっと浮かし手が滑り込んでくる
パンツの中にも入ってきた。ゆっくりと私の大事な部分に近づく
指がクリをゆっくりととらえる。反応してしまう私。弟の動きが止まる
でも今日はそのまま私の様子を確認してまたゆっくりと触りだした
頭がぼんやりしてきた。眠いのかそれとも感じているのか
指が滑らかに私のあそこをなでる。たぶん濡れているのだろう
弟はあいかわらずしごいている。そして指が穴をとらえた時終わったようだ
枕もとのティッシュが取り出される。そしてゆっくりと部屋を出て行った

ボタンくらい元に戻してほしかった、気が付かないフリしてるんだから
弟も痕跡を残さないようにしてほしかった
パンツに手を入れる。濡れ濡れの私のアソコ、パンツも代えなきゃいけない
でもその前に私はまたオナニーした。弟の手を思い出しながらクリを摘んだり
アソコに指を入れたり、声を殺しながらあえいでいた
でも絶頂感は得られない。疲れた体をベッドから起こし
タンスから新しいパンツを取り出す。パジャマの下と一緒にパンツを脱ぐ
べとべとのパンツがそこにある。私のいやらしい液がシミをつくり重さを増す
はき替えてまたベッドに戻る。そして寝た

朝を迎えてもそこにあるのはいつもの日常、いつもと変わらない家族がそこにある
いつもを装う私もそこになじんでいる。変わらなくて良かったと思った
弟が学校の話をしている。母は大笑いで聞いている父も珍しく笑っている
私もいっしょに笑う。暖かい家族がたしかにそこにある。大事にしたいと強く思う

学校へ行く。今日は週末、みんな休みはどうするとか笑顔がたえない
私もいっしょに加わっていつものように過ごす、誰も私の心の中は気付かない
授業中にぼんやり考える。弟の指の感触、舌の感触、アソコがジンとしてくる

帰宅した私を母が迎える。
友達といっしょに街をブラブラしたのでいつもよりは遅い
それも今までと変わらない週末の出来事。母も何も言わない
父は遅くなるから三人で夕食。TVでサッカーを見ながら楽しいひと時を共有する
いつもと変わらない弟の笑顔。そんな弟を見てるとアソコがまたジンとした

お風呂を終え、部屋に入る。今日はTシャツとパンツのみ最近のカッコだ
もういいや、好きにしたらいいよ。
そう言い聞かせベッドへ入るでも寝つきは悪かった

夜中にまた異変に目が覚める。弟がシャツをめくって舐めている
もう何もしないって決めたからなすがままの私
ゆっくりとした動きも時折大胆になってきた。揉む手の強さが増す
気持ちいい・・・なすがままの私はせめて楽しもうと思っている
パンツの中に手が滑り込む。触る手つきも大胆になってきている
クリを弄ぶ。グッと我慢する私。指が穴に入っていく。でもそこでフィニッシュ

そうした夜が続く。毎日じゃないけどそれがあたり前になってくる
そうするうちにパンツの横から差し込まれた指が二本、出し入れされるようになった
パンツを横にずらして舐められるようになった。気持ちいい。自然と腰が動く
そこにいるのは弟の行為を楽しみにしている私がいるだけだった。

明日から夏休み、弟の夜の訪問は続いています。
いつものように私を弄ぶ弟と何も知らないフリの私
弟はさらに大胆になっていきます。
あらわになった胸は両手で揉まれパンツは抜き取られています
もうとっくに気付いているはずです。私が起きていることを
でもお互い知らないフリをすることで、いつも通りの関係でいられるのも知っている
だから弟は入れはしないけど、私の体を好きなようにいじっています
唇に弟の唇が重なってきます。舌が割って入ってきます。

目を開ければ全て台無しになる。そんな気がします
もうお互い裸のままベッドに横たわり、あとは弟のおちんちんが入るだけ
でも入れられないのか、それだけはダメだと思っているのか入れようとはしません
その日も弟の精子がお腹にかけられそして終わり
あとは自分で始末しなきゃならない姉さんの気持ちわかるの?

夏休みに入った。お昼は父も母もいない。そんな最初の日
私はベッドでうたた寝していた。体に感じるいつもの感触。弟か・・・
まさかお昼に?でもそのまさかです。
タンクトップはブラといっしょにたくし上げられ
短パンはパンツといっしょに下ろされる。服を脱いでいる弟が確かにそこにいる
胸を吸われ、アソコはかき回され、もう私は感じることしかできません

ガサっと音がする。何か動きが止まる。なに?薄めで確かめる
そこにはコンドームを袋から取り出し装着しようとしている弟がいる
え?戸惑う私。入れることだけはないと思っていた私。
足がゆっくり開かれ間に割ってはいる弟。え?まだ戸惑う
いいのかと自分に問いかける。でもそこには入れようと必死な弟がいる

私は弟のおちんちんを掴み導く。入り口にそえてやる
するっと入ってきた。弟は必死で腰を振る。抜ける。またそえてあげる
弟がしがみつく、そして果てた。
でも硬いままだ。しっかり私の中で存在しビクビク動いている
私も弟にしがみつく。 「R姉ゴメン・・」

この異常な状態始まって初めて声を発したのは弟だった
謝ってほしくなかった。涙が出てくる。

私は目を開く。そしてしっかり弟の目を見て顔を横に振る
弟の頭を両手で抱き、私に近づける。私からの初めてのキス
そして硬さを失わないおちんちんをもう一度味わった。
今度は声が出る。声にならない声が出る。SEXが気持ちいいと初めて感じた。

私は弟に約束させた。家族を壊さないための約束

絶対に妊娠しない、させない
絶対に親に知られない

この二つだけ。もう秘密は共有した。あと戻りはできない
弟を受け入れることで私の安定を守ろうとした。ずるい姉
その晩も弟はやってきた、勉強の合間にやってきたのだろう
二階の私たちの部屋は親からは遠い。夜中はまだ大丈夫だろう
眠っている私のベッドに入ってきた。もう裸になってる
ゴムは私も持っていた。長く使っていないが前の彼氏のために買った物だ
弟もどこで用意したのか持っている。弟は私を脱がしいつものように弄ぶ
私もそれに応える。声は出さないけど、見つめあって確認しあう。
そこが今までと違う
ぎこちないディープキス。弟の舌に応えてやる。
ぎこちない愛撫。でも気持ちいい

執拗に私のアソコを舐める。指が入れられる。
少し痛い。けど我慢できない痛さじゃない
自分でするよりはるかに気持ちがいい。
それが我慢できる理由。寝たフリの時から変わらない
入れたいって声がする。ゴムを付ける弟。
ちょっと間抜けな姿だ。前の彼氏も同じ感じだった
私の間に入ってくる。大きく足を広げる私。
でもやっぱり上手く入れられない
弟のを握って導いてあげる。入り口に先が当たる。そして入ってくる
それだけで私は気が遠くなる。
弟が腰を振っている。気持ちいい・・・
でもすぐにいってしまう弟。でも嫌じゃない。
抱きしめて待ってあげる、硬さは失っていない
そしてまた腰を振り出す弟。今度は少し長くなった。
気持ちがいい。今までに感じたことの無いなんとも言えない感覚。
あーいくってこう言う事かーなんて後でわかった気がする
その時はただ真っ白になっていく感じしかしなかったけど

弟の体が離れる。
もう満足したのかな?相変わらずやりっぱなしでそそくさと出て行く
外したゴムは精液がこぼれ嫌なにおいがする。
ティッシュにくるんでゴミ箱へ
裸のままベッドに横たわる。
さっきの感じが忘れられない。依存してるのは私かも
そのうち弟もフェラしろとか言い出すのかな、前の彼氏みたく。
最後までうまくできなかったけど
夏休みに入ったばかりだが、やったことはまだ何も無い。
ただ弟とSEXしただけ
弟の勉強が気になる。おろそかにならないようにしないとね。
受け入れた私は妙に冷静だ、やっぱりずるい。

今書き込みしている私。今日の昼間もやった。たぶん今夜も来るだろう
どこにも出かけようとしない私。弟は勉強はしっかりしている
母に弟の世話を頼まれている。昼食をつくり、いっしょに食べる
飲み物を部屋に持っていく。その時もしっかり勉強していた。本当に偉い奴
てっきりせまってくると思っていた。
もっと盛りがついたみたいになると思っていた

三時過ぎ、おやつよと様子を見にいく。やっと弟は机から離れた
冷たいコーヒーとドラ焼きしか無かった。美味しそうに食べている
食べ終わった弟は私のそばによってきた。
肩を抱いてくる。やっとその気になったようだ
弟のベッドに横たえられる。初めてだ。男の臭いが確かにする
私はもうすっかりその気になっているからブラはしない。
タンクトップをづり上げ胸を舐める
ミニのスカートを穿いてみた。
けどパンツだけ脱がされアソコを弄ばれる。声は出さないけど
気持ちがいい。ゴムの準備をしている。もう入れてくるのか
今日はしっかり自分で入れてきた。けど長くはもってくれない
一度目の射精が終わって、今度は私が上になる。素っ裸になり
ゴムを代え、弟にまたがる。お腹にくっつきそうなおちんちんを持って
私の穴に持って行く。腰を沈める。ズブズブと入っていく
大きく足を開き見せ付ける。じっとアソコを見つめている
奥まで突き上げられた気分がする。腰が止まらない。意識が遠い

弟は偉い。私に嫌われるとイヤだから、がんばっていると
勉強もがんばる。私に負担はかけたくないからあっちも我慢する
ああ、依存してるのはやっぱり私だ。そんな弟が愛おしい
2度目が終わり、ゴムを外した生のおちんちんを舐める。舐めたいのだ
出来るだけ気持ちよくなってもらおうとしゃぶる。彼には出来なかったが
弟にはやってあげたい。喉の奥まで含む。舐めあげる。さする。
大きくなった・・・そして喉の奥にドクドクと注がれる。
気持ち悪い。初めてフェラで口の中で出された。でも嫌ではない
自分でやってあげようと思ったのだから。飲み込む。ゴクンと・・
オエッってきたけど我慢できた。たぶん弟のだから

弟はTVを観ている。多分サッカーだろう。私はその間に書き込み
夜中になるのが待ち遠しい。
まもなく私は眠くなる。こればっかりはしょうがない
その時は寝てるだろうけど、私の王子様が目覚めさせてくれる
そんなことばっかり考えている自分が情けない。

始まった。昨日のお昼から生理がいつもより早くきた
だから今辛いです。あんまり重い方ではないみたいだけど

夜中に目が覚める。乳首を吸われて弟が来たんだなと目が覚める
王子様はキスではなくおっぱいが好きなんだね
脱がされる。全部脱がされる。弟も脱ぐ。全部脱いでいる
ベッドで抱き合い、やっとキスしてくれた。舌が行き来する
弟の舌が全身を舐めるように動く。悦ばせようとしてくれる
もういい、こっちがやってあげたい。ゴムを着ける前にしゃぶる
互いに舐めあう形、気持ちいい。けどもっと気持ちよくさせたい

一度目の射精は口の中。たっぷりとねっとりと出された
飲み込めなかったから、ティッシュに吐き出す。その間も弟は
私のアソコを舐める。指が入る。入れてほしいのに

ゴムを着けてあげる。やっと弟が割って入ってきた。大きく開いて
迎える。入ってくる。それだけで意識が飛びそうになる
声が出てるかもしれない。気をつけないと・・・
後ろからやらせてと言ってくる。体を後ろ向きにお尻を突き出す
うまく入らない。また添えてあげる。入ってくる。深い・・・
激しく突かれる。気持ちいい。体を支えられない・・
そのままベッドに後ろ向きに横たわる。弟がまだ突いてくる。
そして奥ではてる。

じっと上に重なったまま、弟が抱きしめてくれる
もうキュンキュンする。顔を弟に向けキスをせまる
キスしてくれた。嬉しい

弟が離れていく、自分の部屋に戻っていく。寂しい
裸のままねた

お昼過ぎにトイレへ行く。やっぱり始まった。
いつもより早かったので油断した。パンツを取り替え
ナプキン充てて、汚れたのを洗う

弟がやってきた、ごめんとはじまった事を伝える
労わりの声が返ってくる。そのまま出て行く
昨日の生でやらせてあげればよかった・・・なんて思ってしまう
弟を部屋まで追いかける。そして短パンを脱がして咥える
これくらいしかできないけど気持ちよくなってほしい
ほどなくして口の中にはてる。飲み込む。きれいにしてあげる

晩は来なかった。朝がだるい、、、










禁断の近親相姦告白
禁断の近親相姦告白
パパと妹が・・・
近親相姦 パパとセックス
近親相姦体験告白
近親相姦 娘とセックスした父
近親相姦 母と息子の中出し体験
近親相姦 兄との中だしセックスの話
近親相姦 私とお兄ちゃんの関係
近親相姦 私と母の肉体関係
近親相姦 母親が三人になった俺
近親相姦 私たち家族は獣なんです
近親相姦 夏休みのある日妹と
近親相姦 俺と二人の姉の関係
近親相姦 13歳離れた姉さんと
近親相姦 夏休みに弟とセックス



[メールボックス]


AI-GARDEN