近親相姦 娘とセックスした父


■一年ほど前の事 高1の娘と■

高1の娘 綾と してしまいました……
妻が亡くなり もう 10年
男手1つで 苦労しながらも 大切に育ててきました
素直で 明るく 今では 家事の全てをこなしてくれる 良い娘です
その日は 台風で 私は朝から 仕事が休みになり
綾も 学校が午前中で終わり 帰ってきました
午後からは 2人で 台風情報など見て 過ごしてました

夕飯時になり 綾は 食事の支度を始めました
エプロンを着け 台所に立つ姿
久しぶりに ゆっくり眺めてました
すっかり 大人の体つきになった綾
10年前に亡くなった妻の後ろ姿に そっくり

思わず 感慨に耽り 涙ぐんでしまいました
それに 気付いた 綾が
「あれ? パパァ どうしたの?」
と 聞いてきました

「いや な、何でもないさ ただ 後ろ姿が お母さん そっくりになってきて 綾も 大きくなったんだなぁって…」
別に 隠す事でもないので 正直に答えると

「もう パパったら やだなぁ(笑)」
軽く 受け流され それから 食事
その後 娘は お風呂に入り
私は テレビを見ていました

すると 突然 真っ暗に…
そう 停電です
風呂場から 綾の悲鳴
私は 慌てて ランタンにもなる 懐中電灯を片手に 風呂場に急ぎました
そこには 脱衣場で 全裸で屈む綾の姿
「だっ 大丈夫か? 綾…」
懐中電灯に 照され 浮かび上がる 白い肌 思わず 息を飲んでしまうほど
「あっ…だ、大丈夫 急に暗くなって ビックリしただけだよ(笑) ってぇ あんまり 照らさないで……恥ずかしいから……」

「あっ あっ すまん(汗) …あっ、これを 置いていくからな…」
懐中電灯を 綾に明かりを照らさないように 渡す
そのまま 足早に 手探りで もと居た リビングに戻る

娘とは言え 久し振りに見た 生の女の裸に かなり ドキドキしてた
すると 突然 耳元で
「パパの エッチィ(笑)」
と 綾が囁いた
「うおっ!!」
驚き 思わず 変な声を あげてしまった
「あっ、あれはだなぁ… あっ、ほら 悲鳴が き、聞こえてだなぁ… いや だから 心配して…」
懐中電灯を消し 忍び寄ってきた綾に しどろもどろになりながら 説明
「んふふ(笑) 解ってるよ ありがと パパ」
なぜか ホッとした
やましい 気持ちなど 無かったはずなのに
懐中電灯は 点けずに 綾が 私の隣に座り 寄り掛かってくる
明かり1つ無い状態
私「懐中電灯 点けないのか?」
綾「うん…今は…点けたくない」
私「…そっか…」
肩を抱き寄せようと 肩に手を伸ばすと 素肌に 触れる
私「また 下着にタオル巻いただけなのか? ちゃんと 着ないと 風邪引くぞ?」
綾「パパが 暖かいから 大丈夫(笑)」
肩に置いた 私の手に そっと手を重ねる綾

綾「ねぇ パパ このまま 電気点かなかったら 一緒に寝ていい?」
私「ん? いや それは…… まぁ 父娘だしな…… まずは
ちゃんと 着替えて来なさい」
かなり 迷った
先ほどの白い肌が 目に焼き付いて脳裏から 離れない
綾「はぁ〜い(笑)」
スッと傍を離れ 自室に向かう綾
リビングを出るまで 懐中電灯は点けなかった


「ふぅ……」何故か こぼれる 安堵の溜め息

このまま 自室で 寝てくれるだろうと 思った
ブーッ ブーッ 突然 携帯が震える
綾からのメール
『同じ屋根の下に居て 何してるんだ?』と 思いつつも 携帯を開く
添付画像付きのマークのあるメール
『ん?なんだ?』
本文「さっき パパの隣に居たとき 実は こんな 格好でしたぁ(笑)」
照明は 懐中電灯なのだろう 暗いが
その明かりの中に 体に巻いてたタオルを 広げた全裸の綾が

言葉を失った
とりあえず
私「早く 下着と寝巻きを着なさい」と 返信
すると
綾「はぁ〜い(笑) あたしって 魅力無いかな?(笑)」
私「何 バカな事を パパをからかうんじゃないよ」
かなり 動揺していた 震える手で 何とか 平気なふりをして返信

「からかってないよ…」
暗闇の背後から 綾が言う
「あたし パパが好き……大好き…愛してるんだよ……1人の男性として……」
泣き声まじりの綾の告白
ちゃんと パジャマを着て そこに立っていた
私は「綾 おいで」と呼び掛け
そばに来た綾を 優しく包むように 抱き締めた
綾「…解ってる…いけないことだって…パパが…娘以上に見てくれないことだって…でも…でも…」
私の肩口に顔を押し付け 泣くのを必死にこらえてる綾
その背中を抱き締めたまま 優しく叩いてやる
私「…こうして抱っこしてやったのは ずいぶん 久しぶりだなぁ…大きくなって……もう 泣き虫チビ綾は 居なくなってたと 思ってた……でも チビは居なくなったけど……泣き虫綾は…まだ 居るんだなぁ…」
言い聞かせるわけではなく 独り言のように 言った
「………一緒に……寝たい……」呟くように 綾が言う
「……それだけか?……」
少し躊躇ってから 頷く綾
「それで 我慢するから……おねがい……」
私のTシャツを掴む綾の手が 強く握られてた
「……解った…今夜は一緒に寝ような…」
綾の頭を撫でてやる
もう この時には 私の覚悟は 決まっていた
無理矢理にでも 抱いて 嫌われてやろうと

「よし…じゃあ 真っ暗だし もう 寝るか」
そんなに遅い時間ではないはずだが
「綾 懐中電灯は? あぁ 持ってるな じゃあ 照らしてくれよ」
綾に そう伝えると お姫さま抱っこで 持ち上げる
「きゃっ」
ふいに持ち上げられた驚きで 可愛い悲鳴と 共に しがみつく綾
私「ほら 照らして」
綾「うん…」
言われた通りにする綾
暗くて表情はうかがえないが
赤くなってたんだろうな

私「昔に比べたら 重くなったな 綾(笑)」
綾「……っ あっ当たり前でしょ…いっいつと比べてるの? ってかぁ 女の子に 重いは 禁句なんだよ?(笑)」
最後の方は いつもの綾に戻ってた
でも 私のベッドに近付く 一歩は 今までの2人の関係を変えてしまう 一歩
綾も それを感じ取ってるみたいだった
寝室につき 私のキングサイズのベッドの上に 綾を下ろす
「わぁ〜ぃ 久しぶりのパパのベッドぉ〜(笑)」
緊張なのか 妙に おどけ
はしゃいでいる綾
すぐに布団に潜り込み 何かごそごそとしてた
私も隣に入り込もうとしたときに
急に 明かりが復旧
「……パパは リビングとかの 電気を消して来るから 先に休んでなさいね…」
寝てる所を 犯した方が 嫌われるだろう
明るい中で 犯した方が 嫌われるだろうと 思い
時間を空けることに
部屋出て リビング等の電気を消して回る
そして 寝室に戻り 電気を点ける「綾の部屋も 消してきたからな…」
返事はない
頭まで すっぽりと 布団に潜っている綾
『息苦しくないのか?』と 思いながら布団を捲ろうとすると
捲れない
中で がっちりとつかんでいる
そして 布団越しに 綾が
「…パパぁ…電気…消して…」
寝てから また 点ければ良いかと 素直に従い 消す
そして ベッドの空いてる方に 体を滑り込ませるように入る
手を伸ばせば 触れる しかし 触れないように 間を空ける
しばしの静寂と無言
もちろん 外は 激しい風雨だったが
何故か 静かに感じた

ゴソゴソ ゴソゴソっと 綾が ゆっくりと 近付いてくるのを 感じながら
とりあえずは 目を瞑り 寝たフリをしておく
「…パパ……起きてる?……」
囁くような小さな声で 聞いてくる
寝たフリを続ける
「……寝てる?…よね…」
そっと 布団を這い出て 息がかかるぐらい近くで 顔を覗き込んでくる綾
その後 私の唇に 柔らかく ほんのり湿ったら 暖かい物が 押し当てられる
「…えへへっ…あたしのファーストキス……だよ……」
そう言って また 布団に 潜り込む綾
そして 私の腕と体の間に その身を割り込ませる
強請腕枕状態 寝返りをうつ感じで 寝たフリのまま 抱き締めた
手の平に伝わってくる綾の体温…本来なら そこには 隔てる布(パジャマ)の存在が あるはず
捲れてるのか?と思い上に手を滑らすが 肩甲骨に触れるまで上げても 無い 今度は逆に 下に滑らす 小さいが張りのある それでいて柔らかい お尻
そう 綾は全裸だった
それに気付き驚き 寝たフリをしていられず
「綾 パジャマは? 下着は?」
起きて聞いてしまった
「あっ やっぱり 起きてた(笑) キスで 起きるかなって 思ったんだけどなぁ(笑) 最初にお布団に入った時に 脱いじゃったよ(笑)」
事無さげに 答える綾
「いいかい 綾 パパも男なんだよ? その男のベッドに全裸で寝てるってのは… つまり そう言うことをされても 何も言えないって 事なんだよ?」
思わず 説教してしまった
「うん…解ってるよ…」
私を押し退けるように 仰向けにすると その上に乗ってきた
薄暗い中でも はっきり浮かび上がる 白い肌 小振りだが形の良い胸 くびれたウエスト 妻からの遺伝なのか 申し訳程度にしか生えてない陰毛
その全てを 私の前にさらけ出している綾
「あんまり 見ないでよ ハズイじゃん(笑)」
もう 我慢の限界
綾を押し退け 逆に組み敷く
慌てながら パジャマと下着を脱ぎ 私も全裸に
年甲斐も無く いきり立つイチモツ
「綾が 悪いんだ 優しくなんかしてやらないからな」
荒々しく その胸に吸い付く
空いてる胸の方は 鷲掴みにし 揉み
余ってる手で 内腿 クリトリス マンコを 弄る
そんな乱暴な愛撫にも 関わらず
綾の息は上がり その口から出る声は 喘ぎだった
十分な濡れ具合 そのまま 入れてやろうかとも思ったが
愛撫を止め 綾の口元に イチモツを持っていく
とろけたような 眼差しで イチモツを見た綾 そっと 手で握り 口にふくむ
比較的小柄な綾 当然口も小さい
その口を 大きく開けても 私のイチモツの亀頭の部分が入ったらいっぱい それ以上入らない それでも 必死に口に入れ 舐める
ますます 固さを増す そして 射精 久しぶりに出した精子は 大量だった
口の脇からも 溢れ出すほど
さすがに イチモツは 含んでいられず 口から出すが その先からは 唇を離さない
口の中の精子は 全て飲み下した綾
口の脇の溢れた精子も指で掬い 口に入れる
ついでに イチモツに残る精子まで 吸い出す

この年になって 一度出してしまっても まだ 勃起が治まらない
コンドームなんて 妻が死んでからは
必要無かったから
家には 置いてない

もう どうなっても いい
生で 綾に挿入
先は 割りと すんなり入り 先に膜の感覚が それを 強引に突き破るように 挿入
流石に 突き破る時に 「あっんっ」と 声を上げたが 無視
イチモツには 破瓜の血が 絡み付いていた
私のイチモツが 全て綾の中に 収まる
まるで 私のイチモツには合わせたような感じ 流石に締め付けはきつかったが
その余韻を楽しみながらしばらく待つ
そして 腰を動かし始める
なんて言う 快感だろう 脊髄に電気が走るような感覚
もう 無我夢中で 腰を振る
綾も 最初のうちは 痛そうに 歯を食いしばって 耐えてたようだが 数分もしないうちに 快感が強くなっていたようだった
徐々に高まり 射精寸前 流石に 中出しは 止めようと おもい 抜こうとすると 綾は 脚を絡めてきて 抜けない
綾の膣の締め付けが キュウッと 強くなると同時に 私も綾の中で射精
二回目なのに いつまで 出るんだ?って 言うぐらいの量
ただでさえ 私のイチモツで いっぱいの綾の膣 出した半分以上は 溢れてきた
なのに 勃起は治まらない
そのまま 腰を振り続ける もう 綾の口からは 喘ぎ以外 出てきては いなかった
そして 再び 綾が強く締め付けると同時に 果てた
また 抜こうとしたが 脚をからめられて 抜けずに
さすがに 私も 綾も 力尽き
そのまま 抱き合って 眠ってしまった

起きると そこに 綾の姿は無かった
初めてが あんなに 激しいのだと さすがに 嫌われただろうなと 思っていた

「パパァ〜 何時まで 寝てるのぉ? もう お昼だよ?」
ノックもせずに ドアから 覗き込むように 声をかけてきた 綾
いつもと 変わらない可愛い笑顔
「あぁ おはよう 綾」
「おはよう……じゃなぁい(笑) このシーツ洗うんだから 早く 起きて コインランドリー 連れてて」
笑いながら 少し怒ったポーズをする綾
言われた通りに コインランドリーに連れていくと 洗い終わるまでの待ち時間 私の膝の上に座る綾
「ここでしちゃう?」
とスカートを捲り上げ ノーパンのお尻を見せ妖艶な笑みを浮かべた


後日談と言うか
まぁ コインランドリーで シーツを洗ってる 待ち時間からの話です
初体験の最後に 書いたように
私の膝の上に座り スカートを捲り ノーパンのお尻を見せて誘う綾
私の中でも 何か 吹っ切れては居たものの さすがに その場所で 行為におよぶ 勇気は有りません
スカートを下ろさせ 頭を撫でてやりながら
「こんな 短いスカート 家の中なら いいけど 外に出るときは 止めなさいね」
今まで 綾の服装に 口出ししたことが無かった私に 綾は 驚き その後 照れながら うれしそうに はにかんで 頷きました
そして
「ねっ… パパァ 今度から 外出の私服は パパがチェックしてね(笑) 良いって言われたのしか 着ないからね(笑)」
何が 嬉しかったのか 良く 解りませんが とにかく 終始 照れ笑いしながら モジモジと かなり 挙動不振な綾 そんな綾に 私は 言います
「昨夜 パパ 綾に嫌われる覚悟で 激しくしたんだ… 痛かったろ? 辛かったろ?……ごめんな」
それを聞いた綾は 突然 立ち上がり
向かい合わせになるように 私の太ももを跨ぎ その上に座り
少し うなだれてた 私の頭を自分の胸に押し当てるように 抱き締めて
「…パパ…謝っちゃ……やだ……パパになら…もっと激しくたって…もっと酷いことされたって…良いんだから……ね…それにぃ 気持ち良かったし(笑) もっと してね?(笑)」

やっぱり 綾は すごいと 思いました
どんなに 暗い雰囲気も 声のトーン1つで 明るく代えてくれる
私は 綾の笑顔を この先も 守っていくと 心で誓いました
この笑顔さえ 見られるなら
大体の事は 問題ないような気にもなりました

「でね……出来れば…その…パパのとの……赤ちゃん…欲しいなぁ(///ω///)♪」
さすがに このセリフには
「それは 今すぐって訳には いかないね 綾がちゃんと 高校卒業して その先の進路を決めるときに それも含めて ちゃんと 話し合おうね」
拒否では無い でも 受け入れでも無い 言葉に 少しだけ悲しい表情になったものの すぐに納得してくれました
まぁ 昨夜 さんざん 中出ししまくった後で 今回で出来てるかもしれない状況でしたが その場は それで納めました


シーツが 洗い上がり 乾燥機に移し変える時 前屈みになった綾
そのスカートから お尻だけではなく 昨夜 私が散々凌辱した あそこまで 覗き見えたので 他に誰も居ないのにも 関わらず 隠すように立ち塞いだ私に 綾は
「あっ……み、見えてた?」
黙って頷くと
「パパちょっと 車の鍵を貸して?」
言われるままに 鍵を貸すと
車に向かう綾
車の後部座席に乗り込む スモークがかかってるお陰で 外からは 容易に 中を伺い知ることは 出来ません
数分後 戻って鍵を返した綾に
「何してたんだ?」素朴な疑問を ぶつけてみると
「えっ?あ〜(笑)」
スカートの前を 捲り上げる綾
思わず 視線を逸らそうとすると
「大丈夫だよ パパ ちゃんと見て(笑)」
スカートの中には ショートパンツ
「中も ちゃんと 履いてるから 安心してね(笑)」
悪戯な笑顔の綾
「パパになら 見られてもいいけど 他の人には 見られたくないから 用意してあったんだよ(笑)」と 屈託のない笑顔
その 頭に軽く叩くようにして 手を乗せる
「パパを焦らすんじゃないよ(笑)」
「ごめんなさぁ〜い(笑)」
そんなジャレ合いを してるうちに 乾燥も終わり 2人で 共同して畳む
その後の昼食はマック
向かい合わせに座り 綾の話を聞きながら 食べる

綾のクラスメイトだろうか
綾に 声をかけてきた娘が居た

綾も その娘も はしゃぎながら 会話して 私は 蚊帳の外なので 「先に帰ってて いいか?」と 聞くと
「だめぇ〜」と言われ
仕方なく 携帯を 弄りながら
長話を終わるのを待っていると

娘「ねぇ ねぇ 綾 このカッコいい人 誰? まさか エン?」
綾「はぁ〜? パパだよ あっ お父さん 父 ちゃんとした肉親だよ(笑)」
娘「えっ?あっ? あぁ すみませ〜んm(__)m えっと 綾パパさん」
私「あっ いや 大丈夫 気にしてないよ(^-^)」
大人特有の社交辞令を反す私

その後 また 女の子同士の会話が 続く

娘「綾の パパさんって カッコいいねぇ〜」
これまで 生きてきて 始めて聞いたような セリフが 耳に入る
綾「でしょ あたし自慢のパパだもん(笑)」
娘「うん こんな素敵なパパさんで良いなぁ 家のお父さんなんて 太ってるし 脂ぎってるし なんか 臭いし こんなパパさんなら 幸せだろうなぁ」
若い娘に褒められるのは 悪い気はしない
多分 鼻の下が 伸びてたのだろう
『ゴッ』そんな感じの音が脛の突然の痛みと同時に伝わってくる
私「った!」
綾を見ると 怖い眼差しを 向けてきている
そう テーブルで見えない部分で 私の脛を綾が 蹴ったのだった

綾「あたし帰る」
先程まで 機嫌よく話してた 綾が突然の立ち上がり そう言う
娘「えっ?あっ?どうしたの?綾?」
そんな問い掛けに
綾「何でも無いよ 用事思い出したから」
何でも無いわけない 明らかに不機嫌な 言い方
娘「あっ うん また 学校でね」
その娘は 足早に 立ち去る
綾も ドアを抜け 車に向かってる
わたしは トレイを片付けて 綾の後ろを 追い掛ける
助手席で 腕を組んで ムスッとしてる綾
私「どうしたんだ?綾 友達 びっくりしてたじゃないか?」
綾「何でもない!」
明らかに 怒ってる
まぁ こんな時に 何を話し掛けても 無駄だし
車を走らせる
台風も 近所では 被害もなく 何の影響も無い
機嫌が治るまで ドライブしとこう
小一時間ほど 車を走らせたあと
公園の駐車場に 車を停める
まだ 機嫌は治ってない綾
少し寝るつもりで 後部座席に乗り移ると
綾も後部座席に移る
シートを倒し 横になり 綾に 話しかける
「本当に どうしたんだい? 突然 怒り出して」

綾「……パパが……」
私「ん?」
綾「……」
私「……」
綾「パパを……なぃ」
私「ん?」
綾「…(泣)」
声も 出さずに 泣き出す綾
私「…バカだな 綾 パパは 綾だけのパパだぞ? そりゃ まぁ 褒められれば 多少 鼻の下は 伸ばすかも知れないけど 慣れてないからな(笑) でも綾だけのパパだ…」
綾「…ホントだよね?…」
手招きをして 抱き締めてやる
私「にしても こんなに ヤキモチ妬きさんだったんだなぁ 綾って(笑)」
可愛い鼻先を摘み ちょっと 振ってやる
綾「あっ…ヤん(///ω///)♪」
機嫌が直った
私「でも パパを信じられなかった綾には お仕置きだね(笑)」
綾「えっ?…(((・・;)」
逃げようとする綾を しっかりと 抱き締め 自分の上に乗せる
綾「あっ…やっ…ご・ごめんなさ……んっ…」
少々 強引に唇を奪ってやる
綾「んっ…んっ…んっ……」
ディープキス 息苦しいのか
力は弱いが多少の抵抗をする綾
唇を離してやる
綾「…っはぁ……いきなりなんて ずるいぃ」
可愛く頬を膨らませる
でも もう 逃げようとはしてない
私「まだ終わりじゃないよ(笑)」
綾を自分に乗せ始めたあたりから 徐々に 怒張しはじめてる 私のイチモツ
私「綾 パパのチンチン 舐めて」
私の上に居るままで 向きを変える綾
ちょうど 69の形になる
綾がこの時 意識してそうしたのかは 解らないが
目の前に スカートに包まれたショートパンツのお尻がくる
綾は まだ 固くなりきってない 私のイチモツを 引っ張り出すと軽く握り 舐め始める
愛しそうに 頬擦りや キスもする
徐々に硬度を増していく イチモツにますます 舐め方 触り方が 激しくなっていく
そんな綾のショートパンツの隙間から 指を入れ
クリやアソコを触ってやると 感じすぎる度に イチモツを弄る動きが止まる
そして 軽くイカせる
その後は 手を離し 綾に好きなようにさせた
カリの部分を 刺激すると反応が良いのに 気付き 重点的に 責め始める綾
「そろそろ 出そうだよ綾」
そう言うと イチモツの先を 口にふくみ 飲む準備 言われた訳でもないのに
そして 射精
流石に 昨夜 出し切った感じがあるので 量は そんなに出なかったが それでも 綾が一気には 飲み込めない量
私の射精が 終わるまで 口は離さなかったし
尿道に残った精液も 絞り出すように 吸出し
それも 全て 飲み下す
「さぁ お仕置きは終わり 帰ろうか?」
私が言うと
もう 満足気で 満面の笑みの綾が
「うん(笑) あっ でもぉ 帰ったら お仕置きの続きしてね パパ5911659116;」

これからの 数日間は 今でも 良く体力が持ったなと 感心します

今でも 流石に 1日 一回の射精ですが ほぼ 毎日
綾と しています
生理の時は 口だったり
その後に開発したアナルなどを 使用して やっています

そして 未だに 私のイチモツの全部は 綾の口の中には 収まりません
頑張って ディープスロートまで 出来るようになったのにも 関わらす
1/3は 唇の外になります


そして 今日の綾は 裸エプロンで お尻から 尻尾を生やして
私の目を楽しませながら
家事に勤しんでいます
父親に犯される娘の禁断近親相姦映像集

父親に犯される娘の禁断近親相姦映像集




禁断の近親相姦告白
禁断の近親相姦告白
パパと妹が・・・
近親相姦 パパとセックス
近親相姦体験告白
近親相姦 娘とセックスした父
近親相姦 母と息子の中出し体験
近親相姦 兄との中だしセックスの話
近親相姦 私とお兄ちゃんの関係
近親相姦 私と母の肉体関係
近親相姦 母親が三人になった俺
近親相姦 私たち家族は獣なんです
近親相姦 夏休みのある日妹と
近親相姦 俺と二人の姉の関係
近親相姦 13歳離れた姉さんと
近親相姦 夏休みに弟とセックス



[メールボックス]


AI-GARDEN