まさか、隣に住む親子がそんな関係だったとは…

いつも仲良く、買い物や犬の散歩に出かけていた親子

お母さんは色白で少しムッチリ、色気があって、会う度にドキドキさせられます。

息子さんは少しひ弱な感じでいつもお母さんに隠れるように歩いていました。

その息子をかばうように母親の優しさがなんとも言えない感じでした。

ある日の事、家の植木が伸びていたので脚立に登って枝を落としていました。

そして枝にハサミを伸ばしたとき、隣のお宅のカーテンの隙間から裸で絡み合う男女の姿が飛び込んできたのです。

えっ! まさか!

あの憧れの奥さん?

私は覗いていると思われるとこっち悪くなると思い、枝を切るふりをして、そのカーテンの隙間から見える裸を見つめていました。

よく見ると奥さんのような女性が旦那さんの上にまたがって腰を振っています。

優しく揺れるような腰つきはたまりません。

下になっていた旦那さんはしびれるような仕草をして、足がバタバタと震えていました。

女性が髪の毛をかきあげた瞬間、奥さんであると確信に変わりました。

まじで?

その瞬間、私の息子は張り裂けんばかりのビンコ立ち

下から胸をもみ上げる旦那さんの手の平に絡み合うように奥さんの乳が揺れています。

あ〜これだ!この柔らかい乳が私にはたまりませんでした。

旦那さんが奥さんの首に手をやり起き上がった瞬間

私はど肝を抜きました。

なんと旦那さんだと思っていたその旦那はあのひ弱な息子さんだったのです。

さらに過激さは増します。







AI-GARDEN