今年のお盆には息子が一人で帰省しました。
毎年、嫁と孫とみんなで来ていたのですが、孫も高学年になって部活があ
るとか、
嫁も都合があって息子が一人でお墓参りに来ました。
久しぶりの母子二人きりの夕食に嬉しくて息子の好きなもbのをたくさん作
作りました。
息子も喜んで二人で食べて飲んで話して時間の過ぎるのがわかりませんで
した。
もう終わりにして寝ようかと思ったのですが、ふらついて立ち上がれませ
んでした。
息子が私を抱きかかえて寝室まで連れてきてくれました。
息子に抱かれたまま布団に倒れこんだのですが、息子はそのまま私の上に乗
乗って離れません。
私の胸をはだけて乳房にむしゃぶりつくんです。
うん十年前の子供にかえって私のおっぱいを吸うんです。
私も親心を刺激されていい気持になってそのままおっぱいを吸われていま
した。
息子はおっぱいを吸いながら両手で私の身体を撫でまわし愛撫するので
す。
酔っていた私は何とも言えないいい気持になってそのままになっていまし
た。
息子は私の着ているものを脱がし始めました。自分も脱いでいました。
気が付いたら私はパンツ1枚にされていて、そのパンツの中に息子の手が入
入ってきました。
あそこをまさぐられてあそこの中に指が入れられました。
あっと思いましたが夢なのか現実なのかもわからずただ気持ちがいいだけ
です。
息子の指が動いて私の官能が呼び覚まされてあそこが濡れるのがわかりま
した。
息子が私のパンツを脱がそうとしたときは一瞬理性がよみがえって、駄目よと
よと言って抵抗しました。
が、結局、息子の力にかなわずに脱がされました。
息子は私の両足を大きく開いて、あそこに大きなものをぐいと押し込みま
した。
そのまま激しく動きました。私は脳天がしびれて何が何だか分からなくな
りました。
気が付いたら全裸の私と息子が並んで寝ていて、息子はまた私の上に乗っ
て巨大なものを私の中に入れてきました。
息子の動きに合わせて私も下から応えました。
また官能が襲ってきました。「あ、あー、ひーー、ひいーー」
私は息子にしがみついて腰をがくがくと痙攣させました。



中だし 



AI-GARDEN